Murayama Kenichi's Blog

日常の生活に関する話題やブログに関する話題を書いています

【Windows・Mac】OSの機能でファイル名を一括変更する方法

複雑なルールでファイル名を一括変更する方法

www.kmurayama.jp

前回は、Windows用のフリーソフト「x_rename」を使用し、複雑なルールでファイル名を一括変更する方法を紹介しました。

 

単純な形式であればOSの機能でもファイル名の一括変更が可能

専用のソフトを使用しなくても、ファイル名+数字という単純な形式であれば、OSに最初から備わっている機能でファイル名の一括変更が可能なので、今回は、それを紹介していくことにします。

 

OSの機能でファイル名を一括で変更する方法

Windowsの場合

1.ファイル名を変更したいファイルを選択

f:id:kmurayama_com:20181207175115j:plain

ファイル名を変更したいファイルを複数選択します。

 

2.名前の変更

f:id:kmurayama_com:20181207175118j:plain

ファイル名を変更したいファイルの先頭のファイルを右クリックして、「名前の変更」をクリックします。

F2キーでもファイル名の変更が可能ですが、先頭以外のファイルが選ばれてしまう可能性があります。

名前を変更したファイルに一番若い番号がつきますので、先頭以外のファイル名を変更した場合、そのファイルに一番若い番号がついてしまい、ファイルの並び順が狂ってしまいます。

 

3.名前付け

f:id:kmurayama_com:20181207175122j:plain

選択したファイルのうち、先頭のファイルに「名前 (半角数字)」(名前+半角スペース+半角かっこ+半角数字+半角かっこ閉じ)の形式でファイル名を設定します。

かっこの中に1以外の数字を入力した場合、ファイル名の後ろにつく数字は、入力した数字からスタートしますので、例えば(10)と入力した場合、先頭のファイルが10、次のファイルが11、その次が12と続いていきます。

画像の例では「スクリーンショット (1)」のように、わざわざ「(1)」を入力していますが、自動で割り振られる数字が(1)から始まって良い場合は、ファイル名のみで構いません。

名前の入力が終わったら、Enterキーを押します。

 

4.名前の変更

f:id:kmurayama_com:20181207175127j:plain

このようにファイル名がつきます。

 

Windowsのファイル名一括変更のデメリット
  • 「名前 (数字)」の形式しか入力設定できない(アンダーバーやハイフンと言った別の記号は使えない)
  • 桁数が指定できない(例えば最初のファイルに(001)と入力しても次は(2)、(3)と続きます)

 

Macの場合

1.名前の変更

f:id:kmurayama_com:20181207175132j:plain

ファイル名を変更したいファイルを複数選択した後、右クリックし、「〇項目の名前を変更」をクリックします。

 

2.ファイル名の設定

f:id:kmurayama_com:20181207175136j:plain

ファイル名を設定します。

  • 「カスタムフォーマット」には任意のファイル名
  • 「場所」は「名前の後」
  • 「開始番号」は任意の数字(ファイル名に付ける最初の番号)

このように入力することにより、任意の名前の後ろに連番がついたファイル名に変更することができます。

ちなみに、名前と自動で割り振られる数字の間を記号で区切りたい場合は、「カスタムフォーマット」の所に、その記号を入力します。

例えば、「スクリーンショット-1」のように、名前と数字をハイフンで区切る場合はカスタムフォーマットの欄に「スクリーンショット-」と入力します。

設定した結果、どのようになるかは、左下の「例」の所に表示されます。

設定が完了したら「名前を変更」をクリックします。

 

3.ファイル名の変更が完了

f:id:kmurayama_com:20181207175138j:plain

 

Windowsのファイル名一括変更のデメリット
  • 自動で割り振られる数字の桁数が指定できない