Murayama Kenichi's Blog

日常の生活に関する話題やブログに関する話題を書いています

特急列車のグリーン車に乗るメリット

常磐線の特急列車(ひたち・ときわ)

乗車する機会・頻度

特急列車に乗車する割合は、月に2~4回です。

その際、8割くらいは、グリーン車に乗車しています。

 

特急列車の料金(特急料金・グリーン料金)

私の場合、特急列車の特急券やグリーン券を購入する際はえきねっと(JR東日本)で購入しており、その際の料金は、次の通りです。

ちなみに、次の料金は、特急料金のみなので、その他に乗車券の料金が必要です。

 

特急券(普通車・指定席)

私が乗車する区間の場合、普通車の指定席の料金は、大人1人あたり2,200円です。

(料金は、乗車する距離によって変わります)

常磐線の特急列車(ひたち・ときわ)には、自由席はなく、全席指定席です。

座席未指定券と言って、空席に座ることができるというものはありますが、その席の指定券を持った人が乗車してきた場合は、席を変わらなければなりません。

 

グリーン券

同じ区間で、グリーン車の料金は、大人1人あたり3,740円と、1,540円高くなります。

 

グリーン車に乗るメリット・デメリット

メリット

車両の音が静か

グリーン車の車両には、モーターがないため、加速や減速の際に、モーター音がしませんので、車両の音は静かです。

 

前の座席との間隔が広い

2018 0914 03

前の座席との間隔が広いので、帰省や旅行などで、荷物をたくさん持っていたり、大きな荷物を持っていたりしていても、自分の座席の前に置くことができます。

私の場合、バッグを2つ持ち歩くことが多いのですが、その両方を自分の座席の前においても、普通に座る分には邪魔になりません。

座席の前に荷物を置かなければ、足を伸ばして、くつろぐこともできます。

 

デメリット

普通車よりも料金が高い

普通車の指定席と比べると、料金が高く設定されています。

 

必ずしも快適なわけではない

連休の時期や、朝・夕など利用者が多い時間帯は、乗車する人が多く、他の乗客の話声や、物音などが騒々しく感じることがあります。

その際は、カナル型(耳栓のような形をしており遮音性が高いタイプ)のイヤホンを使用して音楽を聴くなどして、周囲の音が聞こえないように工夫しています。

そのため、場合によっては、損した気分になることも考えられます。