Murayama Kenichi's Blog

日常の生活に関する話題やブログに関する話題を書いています

海外からの大量のアクセスが気になったので調べてみた

フランスからのアクセス

当ブログでも利用しているアクセス解析サービス「Google Analytics」の履歴を見てみると、気になるアクセスがありました。

このブログを含めて、私が管理している、いくつかのブログで、フランスからのアクセスが増えているのです。

私が管理しているブログは、全て日本語で書いているので、フランスとは、あまり関わりが無いように思えます。

とは言え、日本語が読めるフランス人や、フランスに滞在している日本人がブログを見てくれているのかもしれません。

しかし、気になるので、調べてみることにしました。

 

気になるアクセスについて

フランスからのアクセス

  • 国:フランス
  • 人数:20
  • ページ数:20
  • 平均閲覧時間:0秒
  • 閲覧したページ:ブログのトップページ

まとめると、フランスにいる、20人が、それぞれ、ブログのトップページを開いて、すぐに閉じるという不思議な動き。

このようなアクセスが、1週間に1回~2回程度あります。

ただし、この場合、おそらく、人間ではなく、ロボットの可能性があります。

 

別の日

マルチディスプレイの環境(モニターが2つあるPC)で、ブログを更新していたときの事です。

片方のモニターでブログを編集し、もう片方のモニターで、リアルタイムの閲覧数を見ていました。

すると、リアルタイムの閲覧数が、たった1秒の間に、突然20も上昇しました。

リアルタイムの情報を見てみると、アクセスはフランスからで、見ているのはトップページでした。

 

更に詳しく調べてみると

アクセスの種類は「Referral」が多く、時々「Social」。

つまり、どこかのページに貼られたリンクをから、私のブログに来ていることになります。

そして、リンク元のURLを見てみると、見たことも聞いたこともないサイトでした。ちなみに、不気味なので、リンク元のサイトにはアクセスしていません。

 

リファラースパム?

おそらくですが、これはリファラースパムと言って、アクセス解析の結果をみた、サイトの運営者に、リンク元のサイトを開かせるためのスパム行為と思われます。

さらに、いくつかの問題がありますので、対策をしていくことにします。

 

問題点

  • 1秒間に20アクセスという非常識なアクセスを行っているため、速度低下や503エラーと言ったサーバーやサイトに悪影響を及ぼす恐れがある。
  • アクセス解析の結果にゴミが残ってしまう。(サイトの閲覧目的ではないアクセスやスパムサイトのURL等)

 

最後に

現時点での予定ですが、サーバーの機能、もしくはWordPressのプラグインを用いて、スパム目的のアクセスを拒否するような設定にしていこうと考えています。