Murayama Kenichi's Blog

日常の生活に関する話題やブログに関する話題を書いています

古くてボロボロだけど使い続けているイヤホン「SONY MDR-EX90SL」

SONY MDR-EX90SL

2006年の夏ごろに購入してから、12年も使用しているイヤホンの話です。

音が出るのか奇跡だと思う程にボロボロなのですが、その音は、購入時と変わらず、とても良い音が出ますので、まだ使用し続けています。

 

当時所有していたイヤホンの中では最高額

このイヤホンを購入した当時は、まだ大学生でした。

それまでは、オーディオプレーヤーに付属のイヤホンや、2千円~3千円程度の安いイヤホンを使用していました。

つまり、1万円近い、高価なイヤホンを購入したのは、今回が初めてでした。

 

購入するにあたり

初めて高価なイヤホンを購入するため、もし、気に入らなかった場合、無駄になってしまいますので、購入前に、様々なサイトを見て調べました。

そのサイトの中でも、メーカーのサイトに、開発者インタビューが掲載されていて、開発者のこだわりが書かれていたのが、購入の決め手の一つになりました。

私が住んでいる地区では、イヤホンが視聴できる環境がありませんでしたので、購入後に実際に使用するまで、このイヤホンの音質を確かめることはできませんでした。

 

非常にクリアな音

それまで使用していたイヤホンは、音楽プレーヤーに付属していたものや、2~3千円程度のものでしたので、このイヤホンを初めて使用した際、非常にクリアな音で驚いたのを覚えています。

低音もしっかり出ますが、ロックなどの激しい曲を聴く場合は物足りなく感じます。しかし、クラシック曲などは、楽器の音が非常にきれいに聞こえます。

 

密閉型

私の場合、密閉型のイヤホンを付けた状態で、音楽を停止(無音の状態に)すると、気分が悪くなってしまいますが、このイヤホンの場合は、それがありません。

また、長時間つけていても、耳の穴の周囲が痛くなったりすることがないので、非常に気に入っています。

 

老朽化

イヤホン本体を覆っている黒いプラスチックの輪が外れてしまい、ケーブルの付け根についている「ブッシング」と呼ばれる筒のようなパーツも外れ、セロテープでとめたものの、それも外れてしまっています。

 

アルミニウムの本体に書かれたSONYのロゴは、殆どが消えてしまっています。

 

修理

ボロボロなので、修理に出して、破損した箇所を修復したいところなのですが、既に、修理の受付が終わってしまっているため、もう、修理をすることが出来ません。

また、生産も終了していることから、購入するにしても、中古を入手するしかありません。

しかし、耳に直接付けるものということや、この機種は、ニセモノも出回っているようなので、中古を購入することには不安があります。

もし、購入するとしたら、現行の機種を新品で購入します。

 

現在の使い道

ボロボロなので、外で使用するのは、みっともないので、現在は、常にデスクトップPCに接続していて、PCの音を聞くために使用しています。

しかし、老朽化による壊れ具合から、この使い方でも、そろそろ限界かなと感じています。

 

最後に

とても良い音を出すイヤホン「SONY MDR-EX90SL」。12年前に購入してから、気に入って使用していましたが、老朽化が激しく、修理もできません。

そのため、残念ですが、そろそろ買い換えることにします。