Murayama Kenichi's Blog

日常の生活に関する話題やブログに関する話題を書いています

多めに作ったり余った食材を保管するのに便利「Ziploc(ジップロック)」

Ziploc(ジップロック)

余った食材や、多めに作ったおかずなどを保存するために便利なZiplocの紹介です。

Ziplocにも、袋型のものや、箱型のものなど、いくつかの種類がありますが、私が使用しているのは、箱型(コンテナー)で、容量が591mlのものです。

 

Ziplocの使い道

炊いた米を保管する

私の場合、一人暮らしをしているので、米は1合も炊けば十分なのですが、一食ごとに毎回、米を炊くのは面倒です。

そのため、1度に3合くらい炊き、3分の1は食べて、残りの3分の2は、2つに分けてZiplocに入れ、冷蔵庫で保管しています。

食べるときは、Ziplocに入れたまま、蓋を外して電子レンジに入れ、3分半くらい温めます。

 

おかずを多めに作って保管する

例えば野菜炒めを多めに作り、3分の1をZiplocに入れて保管し、残りを食べます。

そして、翌日の昼、保管していた野菜炒めを温めて、ラーメンの具にするなど、一度にたくさん作って、何回かに分けて食べることで、作る手間を省いています

 

まとめ

このように、米を多めに炊いたり、おかずを多めに作ったりして、何回かに分けて食べることで、料理をする回数を減らすことができます。

そして、その、多めに作った料理を保存するのに、コンテナタイプ(箱型)のZiplocは非常に便利です。

 

今回紹介した商品

Ziploc(コンテナ)