Murayama Kenichi's Blog

日常の生活に関する話題やブログに関する話題を書いています

普段の生活で「ブログをやっていて良かった」と思ったこと

約1年前から、ブログを本格的にはじめました。

そして、その「ブログを書く」という行為が、意外なところで役に立ちましたので、それを紹介していくことにします。

「ブログを書くこと」が仕事で役に立った

日常の作業で文章を書くスピードが早くなった

メールや日報など、仕事上で文章を書くことが多いのですが、ブログに力を入れる前は、とにかく文章を書くのが苦手で、書いては消して、書いては消して・・・と、何度も修正を重ねながら、ようやく出来上がるという感じで、とても時間がかかっていました。

それが、ブログを始めてからは、文章がスラスラとかけるようになり、書き直す回数が格段に減り、作業効率が格段に上がりました。

見栄えの良い文書が作れるようになった

新しい作業のマニュアルなど、Wordを使って文書を作成する機会もあるのですが、そう言った場合でも、見出しをつけたり、文字が密集しないように気をつけるなど、見やすさにも気を使うようになりました。

会社での課題「読書感想文」もへっちゃら

読書感想文は、学校の宿題の中で、一番と言っていいほど苦手なものでした。

学校を卒業して、解放されたと思いきや、会社の課題で読書感想文が来ました・・・。

しかし、ブログを書いていたおかげで、学生の時よりも、文章を書くことに慣れていたため、本を流し読みし(明らかに自分には無関係な内容だったため、しっかり読むことは時間の無駄だと判断しました。)適当に拾ったいくつかのキーワードを広い、1000文字くらいの文にして提出しました。

文章を書くことが苦にならなくなった

自分の中で、一番大きなメリットだと思っているのが、これで、文章を書くことが苦にならなくなりました。