Murayama Kenichi's Blog

日常の生活に関する話題やブログに関する話題を書いています

電子書籍派だけど5年6ヶ月ぶりに本を買った話

普段は電子書籍を利用しています

利用している電子書籍のサービス

現在は、Amazonの電子書籍「Kindle」と、SONYの電子書籍「Reader Store」を利用しています。

そのうち、Amazonの電子書籍「Kindle」は「Kindle Unlimited 読み放題」に加入しており、読み放題対象の書籍のみを読んでいるので、「Kindle Unlimited」を解約してしまうと、全ての書籍が読めなくなります。

SONYの電子書籍「Reader Store」の方は、読みたい本を、1冊ごとに代金を支払って購入していますので、月額料金はかからず、一度購入した書籍は何度も読むことができます。

 

使い分けの理由

2つのサービスを使い分けている事に、特に深い理由はありません。

先に利用し始めたのは、SONYの電子書籍「Reader Store」で、何冊か書籍単位で課金してダウンロードした後に、Amazonの「Kindle」には読み放題のサービスがあると言うことを知り、読み放題のために、こちらも使い始めたというだけです。

そのため、現在では、書籍単位で課金するならSONYの電子書籍「Reader Store」、読み放題ならAmazonの「Kindle」と言う風になっています。

 

数年ぶりに書店へ

数年ぶりに書店へ行きました

普段は、電子書籍を利用していますが、今日、特に購入したいを考えずに、数年ぶりに書店へ行き、店内を見て周り、気になった2冊を購入しました。

 

書店へ行った理由

普段、電子書籍を利用しているのに、購入したい本を決めないまま、なぜ、書店へ行ったかといいますと、電子書籍は日本中にある全ての本が読めるわけではないからです。

読み放題の対象(月額料金だけで読める)、読み放題の非対称(1冊ごとに課金する必要がある)だけでなく、そもそも、電子書籍に無い(紙の本しか出版されていない)本も沢山あります。

そのため、今回、書店へ行き、店内を見て周り、気になった本を買うことにしました。実際に、今回、購入した2冊のうち、1冊は電子書籍では読めない本です。

 

今回購入した書籍

最後に

電子書籍も便利ですが、読めない本も数多く存在しますので、本を読むのが好きな方のうち、電子書籍派の方も、時々は、書店へ行ってみるのも良いですよというお話でした。