Murayama Kenichi's Blog

日常の生活に関する話題やブログに関する話題を書いています

XSERVERで運用しているWordPressを常時SSL化しました(後編)

SSLの設定が完了後

SSLの設定が完了すると、SSLを設定したドメインに「https://」から始まるURLでアクセスした場合でも、サイトが表示されるようになります。

 

WordPressの設定

1.バックアップを取得

バックアップを取得するためのプラグインを使用して、バックアップを取得します。

 

2.設定の変更

WordPressの管理画面にログインし、左側のメニュー「設定」→「一般」と進みます。

 

WordPress アドレス(URL)と、サイトアドレス(URL)の2か所を、「https://」から始まるアドレスに書き換え、「設定を保存」をクリックします。

この際、ログアウトされますので、再度、ログインしなおします。

 

3.記事内のURLを書き換え

2の設定により、ブログのURLや、記事個別のURLは、「https://」から始まるURLになりましたが、これまで投稿してきた記事の中に貼り付けたリンクや、貼り付けた画像のURLは、まだ「http://」から始まるURLのままです。

記事を一つ一つ修正した場合、膨大な時間がかかってしまいますので、プラグインを使用して、一括で変更することにしました。

 

今回使用したのは、「Search Regex」というプラグインです。

 

Sourceを「Post content」に設定。

Search pattern(変更前の語句)は「http://」から始まるブログのドメイン名

Replace pattern(変更後の語句)は「https://」から始まるブログのドメイン名を入力し、「Search」ボタンをクリックすると、検索結果が表示されます。

Search patternに「http://」、Replace patternに「https://」だけを入力した場合、すべてのURL(外部のサイトへのリンク)まで変更されてしまいますので、必ず、ブログのドメイン名を最後まで入力します。

検索結果を確認して、関係ない部分が表示されていないことを確認し、「Replace & Save」ボタンをクリックすることで、すべての記事に書き込まれた「http://」から始まるブログのURLが、「https://」から始まるブログのURLに変更されました。

 

4.htaccessを修正してリダイレクトの設定

リンク:Webサイトの常時SSL化 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

XSERVERのサイトを参考にしながら、htaccessを編集し、「http://」から始まるURLでアクセスされたときに、「https://」から始まるURLに転送されるように設定を行いました。

 

最後に

複数のブログを運用していますので、ブログの数だけ、サーバーの設定、WordPressの設定を行い、無事、すべてのWordPressをSSL化することができました。

WordPressでブログを運用する場合、このような設定も自分で行わなければならないので、手間がかかります。