Murayama Kenichi's Blog

日常の生活に関する話題やブログに関する話題を書いています

無料のホームページサービス「フリーティケットシアター」が終了

フリーティケットシアター

私がホームページ作成に興味を持ったのが、2001年~2002年頃の事ですが、その当時、利用していたプロバイダー「@nifty」のウェブサーバーの容量は、10MBしかありませんでした。

そのため、少しでも画像やMP3と言った音声ファイルをアップロードすると、すぐに容量がいっぱいになってしまいました。

そこで、利用したのが、無料で利用できるホームページサービス「フリーティケットシアター」です。

 

 

無料なのに大容量

私が利用していた当時は、無料で64MBという大容量のファイルを公開することができました。

プロバイダーのサービスでアップロードできる容量が10MBなので、6.4倍もの容量がありました。

 

不便な点もありました

容量が大きいファイルは、別のサーバー(ビッグエリア)に保存しなければなりませんでした。

また、ページを閲覧する際は、画面の上部に、大きな広告が表示されましたので、見辛さがありました。

 

利用していた当時に公開していたホームページ

2001年~2002年頃、私は中学生で、その当時作っていたホームページというのは、完全にふざけた内容で、友人同士で楽しむと言った感じのホームページであったため、他の人の役には立たない内容でした。

とにかく、思いつく限りのくだらない内容を書いていたと思います。

プロフィールの性別欄が選択式。年齢欄はテキストボックスになっていて、好きな数字を入力できる、そんな奇妙はサイトは、今となっては、恥ずかしくて人に見せられません・・・。

 

2004年頃から有料レンタルサーバーを使用

高校3年生になった頃から、独自ドメインを取得して、有料のレンタルサーバーでホームページを公開するようになりました。

月額1,000円程度の料金で、300MB程度の容量を使うことができましたので、無料のレンタルサーバーを利用する必要が無くなりました。

そのため、有料のレンタルサーバーを使用し始めたと同時に、無料のレンタルサーバーは解約し、それ以降、無料のレンタルサーバーは使用していません。

 

フリーティケットシアター終了

このような感じで、ホームページを作り始めたばかりの頃に使用していた、無料のホームページサービス「フリーティケットシアター」ですが、2016年3月31日をもって、サービスが終了となってしまいました。

もう、10年以上使用していませんが、ホームページを始めたばかりの頃に使用していたということで、思い出もありますので、少し、寂しい感じもします。

現在では、ホームページよりもSNSの方が活気がありますので、無料のレンタルサーバーというのは、昔ほど需要が無くなってきているのかもしれません。

 

最後に

私がホームページを始めたばかりの頃に使用していた、無料のホームページサービス「フリーティケットシアター」が終了になるというニュースを見て、昔を思い出して、懐かしい気持ちになりましたので、昔の思い出のようなものを書いてみました。