Murayama Kenichi's Blog

日常の生活に関する話題やブログに関する話題を書いています

SONY DVDレコーダー スゴ録(RDZ-D90)が故障・修理(その1)不具合発生〜修理の依頼

SONYのDVDレコーダースゴ録(RDZ-D90)に不具合発生

今回は、現在使用しているDVDレコーダー「SONY スゴ録(RDZ-D90)」に発生した不具合の話を書いていこうと思います。

 

2008年6月6日の数日前から

録画予約した番組が録画されなくなりました。

 

2008年6月6日

コンセントの抜き差しを実施

本体の電源が切れている状態(本体の画面は現在時刻の表示)にしてから、コンセントの抜いて、その数分後にコンセントを差し込みました。

すると、本体の画面に、「please wait」と表示された状態から進まなくなり、いつまで待っても現在時刻の表示にならず、何故かDVDドライブのトレイが開きました。

 

再びコンセントを抜いて数時間放置

コンセントを抜いて数時間置いた後、再び差し込むと、今度は起動しました。

 

2008年6月7日 午前

6月7日午前の時点での症状としては下記のような感じです。

 

録画予約した番組が録画されていない
  • コンセントは差さっている(本体の画面は現在の日時の表示)
  • 録画予約の設定は正しい
  • 本体の時計は合っている
  • HDDの空き容量は十分にある

本体の状態は、問題なさそうなのに、なぜか録画予約した番組が録画されません。

録画予約をした時間に手動で電源を入れるとメチャクチャな動作をする

全く関係のない番組が勝手に再生され、ボタン操作が全く効かず操作不能になった。

 

 番組表が取得されていない

録画予約をしていなくても、深夜や早朝など、特定の時刻になると、自動的に電源が入っていましたが、いつも、動き出していた時間になっても、ずっと電源が切れたままです。

 

今後の予定

初期化しても、修復しなかった場合は、購入した店舗に持って行き、延長保証を使用して修理に出そうを思います。

 

2008年6月7日 夜 完全に壊れた

6月7日の夜。ついに壊れました。

本体・リモコンの全てのボタンがDVDドライブの開閉ボタンになりました。どのボタンを押しても、DVDドライブが開閉します・・・。

ボタンを押している間はトレイが空いていて、ボタンを離すと閉まります。

どのボタンを押しても、このような動作をします。

 

全てのボタンがDVDドライブの開閉ボタン現象・・・応急処置

本体のボタンを押しっぱなしにする

色々試しているうちに、本体の停止ボタンを押している間だけは、ボタン操作が正常に反応するということがわかってきました。

そのため、本体の停止ボタンとラックの天板の間に、物を詰め込んで、停止ボタンが押しっぱなしになるようにしました。

 

本体のHDDに録画した番組を急いでDVDに書き出し

その後、本体のHDDに録画されている番組を、DVDに焼きます。

 

その間も本体の不具合はさらに悪化!

そうしている間にも、故障の症状が悪化していき、ついに、本体側のボタンを、どれでもいいので、何か押していないと、DVDドライブのトレイが開いてしまうという状態になりました。

 

修理の依頼

6月8日の夕方、DVDレコーダーを修理に出すため、カメラバッグに入れて、購入した店舗に持って行き、修理の受付を済ませました。

メーカー保証は切れていましたが、コジマの延長保証があるので、今回の場合は修理代金61,600円まで無料になります。