Murayama Kenichi's Blog

日常の生活に関する話題やブログに関する話題を書いています

テレビを買い替えました「SONY BRAVIA KDL26-S2000」

テレビを買い替えました

これまで自室で使用してきたテレビを、古い14インチのブラウン管テレビから、地上デジタル放送対応の液晶テレビに買い替えました。

今回は、その新しいテレビを紹介していこうと思います。

これまで使用してきたテレビについて

SONY WEGA KV-14MF1

これまで使用してきたのは、SONYの「WEGA(ベガ)」

型番はKV-14MF1で、14型平面ブラウン管「トリニトロン」を搭載したテレビです。

(写真は、2003年2月16日撮影)

 

買い替えを検討した理由

14インチでは画面が小さい

ニュースやバラエティー番組を見る分には、小さい画面でも特に問題はありませんが、映画やドラマを見るときは、もう少し大きい画面で見たいと思っていました。

特に映画は、ワイド画面なので、画面の縦横の比率が4:3のテレビで見ると、上下に黒帯が入るので、さらに画面が小さくなってしまい、物足りなさを感じていました。

 

ハイビジョンの画面にも興味があった

ブラウン管とは比べ物にならないほど高精細な、ハイビジョン対応の液晶画面、それから地上デジタル放送にも興味がありました。

数年前から地上デジタル放送が始まり、ノイズがなく綺麗で、さらに、細かいところまで鮮明に映る、ハイビジョンの地上デジタル放送で、映画やドラマを見て見たいと思っていました。

 

新しいテレビについて

SONY BRAVIA KDL26-S2000

今回購入したのは、今まで使用していたブラウン管テレビと同じメーカー「SONY」の「BRAVIA(ブラビア)」S2000シリーズです。

型番はKDL26-S2000で、26V型液晶テレビです。

 

本体の外観

正面

 

左上のロゴ

 

リモコン

リモコンはシンプルで使いやすい。

 

新しいテレビを使用した感想

地上デジタル放送は画質が良い

現在、住んでいる地域では、地上デジタル放送はNHKしか視聴できませんが、試しに、そのNHKを地上デジタル放送で視聴してみたところ、ノイズが全くなく、画像も鮮明で、高画質だという印象を受けました。

しかし、NHKはニュースしか見ないので、地上デジタル放送は、今の所、あまり活用できていません。

この画質で、映画やドラマを見て見たいものです。

 

音質はイマイチ

テレビが薄くなった分、スピーカーが小さくなってしまったのか、音質はイマイチでした。

ちなみに、このテレビには、音声の出力端子があるので、テレビとミニコンポを接続しておき、音質を重視したいときは、ミニコンポのスピーカーから音を出そうと考えています。

 

テレビ台の上のスペース

テレビの大きさが、14インチから26インチになったことで、テレビ台の上のスペースが狭くなるかと思いきや、テレビ本体が薄くなった分、前にスペースができました。

そのため、テレビの前に、リモコンなどを置いておくことで、スペースを有効利用しています。

 

最後に

テレビを14インチのブラウン管テレビから、26インチの液晶テレビに買い替えたことにより、画面が大きくなり、高画質(ノイズがなく、高精細)になったので、この画質で映画やドラマを見るのが楽しみです。

価格は、ブラウン管テレビよりも高額で12万円ほどしましたが、買ってよかっと思っています。